「日本建築集中講義」

紙とペン
photo by pakutaso.com

昨年末の読書会忘年会で「今年の一冊」としてプレゼンさせていただいたのがこちら、

藤森照信×山口晃
「日本建築集中講義」

建築史家にして建築家の藤森センセイと、平成の絵師山口画伯が十三の日本建築を訪れ、その建築について語る対談形式の本。取材の様子は画伯の四コマ漫画にてレポートされますが、それがまた楽しい。
語り口も絶妙、ネタとなる藤森センセイの言動もナイス。
なにせ本の帯に、「センセイ!こ、今度は何を!?」と書いてありますから(笑)。

というわけで明るく読めますが内容は当然のように深い。
知識量、見識には圧倒されますし、
プロの経験と志から来る鋭い視点、感覚がさらさらと綴られていて、まともについていこうとすると本当に大変。
でもそうして知識への扉を開かれてわくわくしますし、
新しい考え方感じ方アプローチの仕方を知って、視界が広げられたと思うのです。
少し砥いでいただいた感じ。

さらに、やっぱりじかにその場に立ってこの目で見て、感じたいなーと当然のように思います。
おふたりが訪ねた建築はこちら。

・法隆寺(奈良県)
・日吉大社 (滋賀県)
・旧岩崎家住宅(東京都)
・投入堂 (鳥取県)
・聴竹居(京都府)
・待庵(京都府)
・修学院離宮(京都府)
・旧閑谷学校(岡山県)
・箱木千年家(兵庫県)
・角屋(京都府)
・松本城(長野県)
・三溪園(神奈川県)
・西本願寺(京都府)

行く。
きっと行く。

ところでこちらは、「なごみ」という雑誌に連載されていたもののようですね?
出版社の名前が「淡交社」さんだというのもなんだかいいな。

ネットで検索していましたら、
この本についてのすてきなレビューを見つけましたので、リンクしておきますね。

『藤森照信×山口晃 日本建築集中講義』を片手に旅に出る

藤森先生の他のご本にも目をつけているのがあるけれど、
次にはひとまず、山口画伯の「ヘンな日本美術史」をゲットしてますので、そちら読んでみたいと思います。

*******************************************************************
「日本建築集中講義」 藤森照信×山口晃
淡交社さんのページ
アマゾンのページ
hontoのページ

「ヘンな日本美術史」へ→

Mel
人文探検家。ヨーロッパと日本が守備範囲です。ロケーションや雰囲気にこだわった、「静けさを楽しむ」空間作りを目論んでいます。 福岡市在住。 書店主のたまごで映画監督のたまご。 「東雲ゆう」の名前で、「劇作スタジオBNRN」も主宰。演出家、作家、役者として芝居作りをしています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です