ヘンな日本美術史

「日本建築集中講義」から転がってきましたのがこちら、山口画伯の「ヘンな日本美術史」。 期待たがわずたいっへん楽しかったです。 まずはさらりと目次のご紹介。 ・第一章 「日本の古い絵」 絵と絵師の幸せな関係 ・第二章 「こ...

殺人交叉点

面白い!と書かれていて本当に面白かったのがこちら、 フレッド・カサック 「殺人交叉点」。 驚愕の結末!とあまりにあおられ過ぎていて、実はメインのトリックは最初からわかっちゃったりしていたのですが(苦笑)、それでも筋運びと...